ステイホームで得たもの③

 こんにちは。キリスト教福音宣教会、牧師のけんじです。大阪の主聖霊教会に所属しています。ステイホームで得たものシリーズです。コロナ感染問題によって、この期間自宅に居ながら、たくさんニュースを見ました。全国の皆さんがきっとそうであるように、私もテレビを見、ニュースを見る中で、「政治により関心を持てるようになった」ことが大きいことでした。特に、大阪に住んでいる私にとっては、同い年である「吉村知事」関連のニュースはたくさん見て、たくさん学び、たくさん刺激を受けました。

 私が教会で牧師をするようになって15年目になります。牧師=組織の指導者、という位置づけなので、組織を導く者としての教育も先生から多く受けました。なので、吉村知事以外にも多くの政治家やテレビ出演をするリーダーたちの言葉に学ぶこともあったし、正直、反面教師だなと思ったこともありました。ここでその良し悪しを論じることはできませんが、一つ確実に言えることは、「指導者の下す判断、発する一言はやはりとても大きな影響力があり、命をも左右する」ということです。当たり前かもしれませんが、実際命が左右されるコロナや経済の問題解決過程をみながら、身に染みて感じる期間となっています。先生の言う通り「指導者こそ、もっと学びもっと行わないといけない。」各地で頑張っていらっしゃる政治家の方々らを評価するでも無く、これを肝に銘じて自らの次元を上げるために日々精進していきたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA