先日のワクチン接種1回目を終えて

 こんにちは、キリスト教福音宣教会で牧師をしているけんじです。大阪の主聖霊教会に所属しています。

 すっかり更新をできていないうちに8月になってしまいました。書きたかった過去のことから遡って書きます。コロナのワクチン接種1回目を7月15日にしてきました。(というか、してもらってきました。)大阪府の大規模接種を利用しました。ネット予約の狭き門を運良くなんとか通過し、大阪市にある接種会場、マイドーム大阪まで行ってきました。

 その時の感想はただ一つ。たーくさんの職員、スタッフ、医療関係者によって支えられて、このような大規模接種が行われていることを実際目の当たりにし、感謝が溢れました。本当に関係者の皆さん、お疲れ様です。ありがとうございます。また、予約システムを開発、運用されている方にも頭が下がります。ここまでのことを急遽始めて、無事に運用していくことは簡単なことではないだろうな、苦労が多いだろうなと実感する一日となりました。

 「予約が取りにくい」「受付、誘導がスムーズでない」等々、私たち一般市民の要望はきりがないと思います。しかし、このようなことを計画し、そして当たり前のように実行することの裏にある苦労を決して見逃してはいけないと思いました。私のような「ワクチン打ちたい派」にとっては本当にありがたい限りの府の対応です。またワクチン自体を海外から交渉し、買い付けてくれた菅首相をはじめ、政府関係者、自称「ワクチン運び屋」として奮闘してくださっている河野大臣にも感謝を伝えたい思いです。

 来週に迫った2回目接種、ある程度の副反応は想定しながら、痛みや発熱があっても感謝の思いで臨みたいと思います。

1件のコメント

  • 感謝
    ほんとにそうですね(≧▽≦)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA