母の誕生日

 こんにちは、キリスト教福音宣教会(摂理)で牧師をしているけんじです。大阪の主聖霊教会に所属しています。今日2月17日は母の誕生日です。母は既に70代ですが、実家で元気に過ごしています。未だ現役で仕事をしている父を手伝っています。先生の御言葉は2014年から学んでいます。

 普段からよく食べ物や食材などを送ってくれる母で、未だに世話になりっぱなしです。孫に向かう愛もあって、いつも溢れんばかりの荷物が届きます。

 そんな母に何かをしてあげたいと思って、今回は二度にわたってプレゼントを贈りました。初回は本人からリクエストのあったサンダル。欲しかった物の内容を聞いたので、少し前に送りました。そして今日着で、母が好きなデパートお菓子2種と大好きなジャイアンツ製のエコバッグと息子からの絵付手紙を送りました。準備は妻と一緒にしました。母からはとても喜んだ様子のLINEが届いていました。夜またビデオ通話で祝う予定です。

 思えば、父や母の誕生日を素直におめでとう!と言って祝えるようになったのは、やはり摂理の御言葉を通して神様の愛について深く学んだからだと思います。思いをストレートに表現しない男の美学の中で育った自分にとって、今のスタイルはとても不思議な感じです。すべては先生の御言葉をたくさん聞き、先生の愛溢れる親孝行の姿を見てきたからだと思います。

 いつまでも若くはない父と母。続けて未練なく大切に親孝行して差し上げたいな、と思いを新たにする日になりました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA