第49回衆議院選挙 公示

 こんにちは、キリスト教福音宣教会で牧師をしているけんじです。大阪の主聖霊教会に所属しています。数日前から随分肌寒くなり、季節が一気に進みましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 今日は久しぶりの政治コーナーです。牧師として聖職者として、政治ニュースのことばかりを追いかけるわけにはいきませんが、日本をより良くしていきたい大人の一人として欠かすことのできないコーナーかなと思っています。最近コロナ感染が落ち着いてきたのもあり、テレビの情報番組も選挙モードに突入ですね。

 『第49回衆議院選挙は19日公示され、12日間の選挙戦に入りました。今回の選挙は与党が過半数の議席を確保して、連立政権を継続するのか、野党が勢力を伸ばして、政権交代を実現するのかが最大の焦点』とのこと。『小選挙区289、比例代表176の合わせて465議席をめぐって争われます。』ということです。皆さん周知の事実を三次情報として貼り付けてしまい、失礼しました。

 上記の内容が日本全国に流れた基本情報だと思いますが、ここ大阪、そして関西地域は『三つ巴ニュース』が熱いです。「自民VS立民VS維新」の戦い。早速巷が盛り上がっていますね!私も昨日早速、大阪1区~19区までの候補者リストをチェック!最近は知っている名前と顔が増えて、楽しみな選挙戦です。理由はさておき、私が注目しているのは、昔住んでいた大阪2区、そして結構話題性のある大阪5区。個人的には、以前から記事を書いている通り、野球はオレンジ推し、大阪の政治はヤクルトカラー推しです。

 10月31日は礼拝のある日曜日ですが、時間を見つけて選挙に行かないといけませんね。私は投票にももちろん行きますが、牧師として祈る仕事をします。真実にこの国の現在と未来を考えて、天から見ても、地の人々が見ても相応しい計画と実行をしてくれる人たちが選ばれるように。

 暑さが去ったとはいえ、選挙戦、体力勝負ですよね。各候補者の健康が守られ、また私を含めた日本全体の良識が高まる日々となるようにも祈りたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA