今年の母の日

 こんにちは、キリスト教福音宣教会で牧師をしているけんじです。大阪の主聖霊教会に所属しています。

 5月9日は母の日でしたね。今日は今年の母の日について書きます。いつからか毎年母の日や父の日にはLINE動画通話プラス、プレゼント送付をするようになりました。昨年今年とコロナ禍になってから、特に母が多くの食べ物を実家から送ってくれていることもあり、今年の母の日はいつもの予算の倍くらいをかけて贈り物をしました。(全然もらっている分が多いですけどね)何を送ったかというと、知る人ぞ知る老舗の高級羊羹。百貨店で売っているアレです。生前祖母(母の母)の好物でしたが、母も影響されてかとても好んでいるので、今年はそれにしました。喜んでいました。これを食べるとまた太ってしまうなあという心配もありましたが、70歳を越えた母なので、健康に気をつけてもらいつつ、「好きなものを思い切り食べてもらいたい思い」での選択でした。

 なかなか照れくさいので、別途メッセージなどは添付せず、とてもシンプルにネットショッピングし、そのまま実家住所に母の日包装にて直送しました。最近よく私の方から近況の連絡などをしているので、十分気持ちは伝わったかなと思います。(それにしても本当に便利な時代になりましたね。贈りたいものがすぐに見つかり、直前の手配でもしっかり届きました!)

 旧約聖書出エジプト記に「あなたの父と母を敬え」とあるように、私たちを教え導いてくださるチョン・ミョンソク牧師は両親に礼を尽くし、敬うことについていつも教えてくださいます。先生のご両親は既に亡くなられているので、毎年行われる追悼礼拝の場で、先生ご自身が幼い頃から続けて親孝行され、ご両親の救いのために尽力されてきたのことを赤裸々に話して下さるし、私たちにもその必要性を説いてくださいます。なので、摂理の会員たちが十分な親孝行をできていないことがあるならば、教会に通っていることについてうまく説明できていなかったり、先生や摂理のことについて誤解されていることによって、頻繁に連絡して親孝行したいけどうまくできない状況なのではないかと私は予想しています。そういう部分をぜひ解決して、皆が親から受けた愛をどんどん親に返していける本当の摂理の姿を取り戻していきたいと考える日になりました。

 いまだに、牧師とか教授とか弁護士だとかを名乗りながら、中身をちゃんと知らない人まま摂理はカルトだ、洗脳だと推測による悪い噂ばかりネットに書き込み、親の不安を煽り、親子関係をギクシャクさせる人たちがいます。間違った噂とイメージを払拭しつつ、親子の愛の疎通が完全に取り戻される世界をつくっていきたいです。

 話が逸れましたね。お母さん、生んで育ててくれて本当にありがとう。健康に元気に楽しく長生きしてください^^

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA